おどるなつこプロフィール

おどるなつこ/ドイツ国際平和村でのパフォーマンス

春。
新たな年が喜びの多い年になるように、日々、目の前にいる人がにっこりするような事をしていけたらいいな、と思います!
2008年秋に、2週間ドイツへ行きました。そこで出会った事について書いてみたいと思います。

photo by ドイツ国際平和村

2007年に鎌倉で行われた日独交流アートイベント、トラーベアートフェスティバル鎌倉。 その時のご縁をつてにドイツへ行きました。折りたたみのタップ板を持参し、相方ピアニストの演奏のピアニカ&ジャンベとのセッションで、 または一人で、ハンブルク、リューベック、ベルリンの街角でストリートパフォーマンスをしてきました。

ドイツのストリート事情は、朝10時前や青空マーケットの場所は不可、同じ店の前で30分以上演らない等、町による最低限のきまりがありますが、 パフォーマンスは基本的にOKです。でっかいグランドピアノを路上に出して演奏している人や、家族に見守られる兄弟のバイオリン弾き、 歩道一杯に広げた大きなパステル画を描く人、いろいろな人がいます。大道芸=道交法違反の日本でのゲリラストリートと比べたら、 とても自由な気持ちで行えて楽しい!自分のしている事が当然だ、と思えるのはうれしい事です。 街を歩いている人もパフォーマンスを見慣れていて、気に入れば一人でもずうっと見ているし、子どもでも楽しんだら にこっと投げ銭を入れていってくれます。その国の背景がいろいろわかって興味深い「街角で踊る旅」今後は各国行ってみたいので、 泊めてくださる方はぜひおねがいします!ドイツでは、縁のあった友人がつないでくれたアーティスト宅ですっかりお世話になりました。 あたたかく勇気をくれたご縁に感謝です!!


このストリートパフォーマンスの旅の途中、ひとつ予定として決めてあったのは、ドイツ国際平和村への訪問でした。 世界各国の紛争地で傷ついた子どもたちをドイツへ運び無償で治療し国へ帰す、という活動をもう40年もしている組織。 そのまま祖国にいては死んでしまう重傷の子だけつれてきて無償で治療し、手術を終えた子どもが回復して帰国できるまでの間、 生活する施設です。私はそこでパフォーマンスさせてもらうことにしていました。

私の中では、日本も支援している他所の国での戦争がピンとこない、新聞で記事を読んでも、それが自分達にとってどういう事なのか、 つかめない、こんな事でいいのかな。。。

友人たちと別れ、オランダ国境寄りの町まで電車とバスを乗り継いで4時間半。到着後、日本人スタッフに施設を案内して頂きます。 赤ちゃんから13歳位の子どもが半年から1年間親元を離れて暮らす場所には、地雷等で脚を失った子のための様々なサイズの杖がありました。 皆の日常的なものをパフォーマンスに使いたかったので、ステッキ代わりに一組貸してもらいます。 顔などがただれてしまっている子、脚のない子が多く、外傷のない子どもは重い内的疾患を抱えているそうです。 でもそういう事はとりあえず心のわきにどけ、パフォーマンスを始めました。 砂や杖でリズムをつくるパフォーマンス等、興味津々で見ていたみんな、最後のナンバーにタップのアカペラを始めたら、 そのリズムに合わせて手を叩きながら歌いはじめました。私の知らない歌がタップにのって会場が一体になる! あとで聞いたらアンゴラの故郷の歌だったそうです。

終わったあと広場へ行くとさっき見ていた子どもたちがよってきて、足踏みや杖を鳴らして話しかけてきます。 そのうち、男子は蹴りがどこまであがるか勝負!と、アンゴラ女子は腰や胸を突き出すセクシーダンスを、これはできる?!と、 みな次々対決を挑んできました。なんだかうれしく、結構ムキになって応戦。ベールをかぶってひかえめなアフガンの女の子達が、 くりっとした目で微笑んでその様子を見ている。


笑顔の皆と別れ、ちょっと寂れた町を眺めながらバスに揺られているとじわ~と広がる感覚がありました。 あの子たちは私の娘と同じ年頃。つまり今日本で暮らす小学生たちと同じ未来をつくっていくメンバーなんだなあ。 彼らの"日本人"のなかに一緒に踊った私が含まれるだろうか。私の娘ともいつかどこかで知り合うだろうか。 殺し合いではなくて歌や踊り合いで勝負を決める世界になればいいのにな。武器撤廃。相手の文化をよく見て自国の文化を再認識すれば、引き分け停戦。 そのまま路上で亡くなっていたかもしれない彼女たちが、平和村のおかげで救われてよかった。喜びと希望を持っていてよかった。


"今"起きている事はすべてつながっている、という事を感じて身震いする。
どこの子どもも憎しみより楽しみと出会えますように!!
私は何をしていけるだろう。



もしご興味を持たれたら、平和村のリポートをのぞいてみてくださいね。 すべて寄付金で活動していて、集まった資金で救える子どもの人数が決まります。カタログハウスの通販生活でも時々特集が組まれ、 カンパを募っています。(初出・カジュ通信2009年新春号)

FRIEDENSDORF INTERNATIONAL
Lanterstrasse 21, 46539 Dinslaken, Germany
TEL +49-(0)2064-4974-135/126 FAX +49-(0)2064-4974-999
E-MAIL japanpeace@friedensdorf.de
HOMEPAGE http://japan.friedensdorf.de/

寄付金口座:
三菱東京UFJ銀行 本店 普通口座
口座番号:0152887
口座名:ドイツ平和村またはAktion Friedensdorf e.V.

(写真提供/ドイツ国際平和村)

おどるなつこwebsiteロゴ

  • プロフィール
  • LIVE・イベント情報
  • タップダンスレッスン
  • あしおとでつながろう!プロジェクト
  • ブログ
  • お問い合わせ
  • For Foreigner