よ〜くみて・きいて・きめる♪

よくきくこと。よくみること。判断すること。

緊急事態宣言で、さまざまな方面の連絡調整に追われて1日が終わります。さまざまな人との連絡の中で感じるのは、正直さ。率直にありのまま感じていることを共有できるか否か。「これは自分の判断です」と言い切れる正直さです。

特に公共施設さんは、市からの要請と、自館判断との間で悩まれる部分もあるかと思いますが、それぞれの施設さんが独自の見解をお伝えくださって、本当に心強く感じました。感謝。

判断するって、慣れていないと難しいかもしれないことです。「言われた通りにやりました…」とは違い、よく観察して考えて自分の責任で決める。相手の立場に立って考え、何かあった際に責任を取るからこそ、決められる。どこまで責任を取るか、その範囲も自分で決めて判断する。責任を取る範囲で自由がある。

それぞれの仕事のプロとして、この緊急事態宣言への対応も変わります。立場も違いすぎて一律にはできない。

SNSで悲しみの投稿をたくさん見かけました。どれもこれもキャンセルで残念ですよね。
残念という気持ちのダメージは、とっても大きくて、心を病んだり、恨みを残したりしてしまうかもしれません。私も、残念ダメージを喰らわないですむように、気をつけてプランニングしています。でもね、恨みを別のクリエイティブなことに転換する力を、私たちは持っているはず!

頭の中の思い込みに固執しないで、状況をよくきいて、よくみて、よく考えて、それぞれがプロとしてできることをできたら良いなあと思った1日でした。


その仕事を喜んでくれている人がいる。そこに応えていく方法を見つけないとです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up