世界の責任

世界の責任をとっているのは私。みずからの可能性や限界を決めているのも私。
ふと、それに気づくのは映像の中の自分をみるときだ。省みているようで見落としていることはたくさんある。“これでいい”そう思っている時が、案外落とし穴にはまっている時だ。

ある意味の安定。それも気は楽でよい。見えない枠を決めて安全空間にいる。まさにこの自粛ライフのようなもので、人生として考えたら、“なるべく家にいたら安心安全”ということはないわけです。ただある種の一時的安定がある。

枠をみずから決めたことにも、気づかないことが結構あるものだ。
はっと気づかせてくれる機会があることは、ラッキー。
気づいたら、とりあえず動こう♪

今年はなんとなく、1月3日にお詣りに行きませんでした。なんとなく、私の念が熟すまでまだ、という感じがあって。遠くを見すぎていたけれど、その間の道筋が、ちょっと見えてきたような気がします!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up