1000年前と1000年先を想う人々

1週間前にふっと決めた予定。
ある地で出会うことになった数名に共通していたのは、1000年前を想い、1000年先を見つめて日々の仕事をしていることでした。

自らの仕事への溢れすぎの愛情と、自分の仕事では絶対誰にも負けない!という誇り。
そんな人が開いている場には、何かに引き寄せられたかのように次々人が訪れ、偶然という必然の時が紡がれ、話しても話しても話は途切れずに、夜は更けていきました。

そんな最中に地震があり、この地震さえも「今の身体あるうちに、少しでも次に引き継げるような自分の働きを!」という励ましに、それぞれ変換していたように感じます。

大好きなことを命がけで守って、1000年先を思い描いていたら、同志に出会えるんだな。
1000年先を思い描いている道中を、こんなに楽しく熱い人たちと共に歩いていけるのなら、今の身体あるうちに、せめて300年分ぐらい働こう♬

ほんとしあわせだな♪
トップギアで行こう!

バタンキューで寝癖もトップギア(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up