読書と作文と道端で喰らう人々

今日はですね〜、この半年にしてきたことを一気に書きました。夏休みの日記的、半年分の日記です。よかったら、おどるなつこの半年を、一挙にお読みくださいw!
おどるなつこnote

https://note.com/odorunatsuko/n/n2461fc558c5a

このところ、まじで目が見えなくなるくらいPCを見つめていることが多く、そうすると背中がバキバキになってしまうので、これはちょっと考えものだなーと思っておりました。
そんなある日、ごく稀に外出した帰路、20時には全ての飲食店が閉まっており、大船駅で空いていたのはコンビニと本屋さんのみ。コンビニで何かを買った人が、通路のヘリにへたり込むようにして何かを食べています。お疲れ様です。今日何人も、道や駅で歩きながらもの喰らう人を見ました。年配の方までいらして結構ショックです。カフェもあいてないんですね。そして唯一開いている本屋さんは、うろうろする人だらけで完全に密です。

まあ、でも、その密になっている本屋さんに私も吸い込まれてしまいました。マスクしているし、話をするわけでもない。なんなら呼吸も止めましょう!
そもそも読書girlでしたのに、この1年、最愛の空間だった図書館へも行けず、amazonで買う本は積ん読になりやすく、何にも読めてない…
本屋徘徊のすえ、3冊購入。東田くんの1冊目は絵本で読んだけれど、文庫で拡散しているとは喜ばしいこと!絲山さんのこの本読んでなかったよ!高岡さん、立ち読みして完全同意!

せめて寝る前くらい、PCじゃなくて、紙に書かれた文字を読もう。
それはきっと、目のためにも、脳みそのためにも、身体のためにも、良いような気がしました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up