秘密の便秘

あっという間にエイプリルフールが終わってしまった。嘘の一つもつけないまま…..また大人になれなかったか…私の印象に残っているフレーズで「本当のことしか言えないなんて子どもっぽい」という、何かの小説の中の誰かの台詞がある。本当だよ、そうだよ、せっかくいい大人だというのに、嘘の一つも繰り出せないなんて!味わいがなさすぎる。

仕方がない。一日中家にこもっていて嘘をつくチャンスがほぼないので、たくさん秘密を持つことにする。

秘密。これもまた媚薬の一つ。いい言葉である。ひ-み-つ! 大体音が良い!平仮名と漢字だと秘密の種類がまた違う感じで良い!嘘はうまくつけないけれど、秘密もひみつもたくさんあるよw。

何故だかわからなかったもやもやが今日は一つわかった。
この無茶な書き出しの日記。これは、私が15年以上にわたり帰路や寝る寸前に繰り出してきていた即興の一つでもあったのだが、ブログの引越しとともに仕事のための文書作成も増えていたため、2021元旦からあの無駄な日記をパタリと書いていなかった。
2005年 しあわせ考
2020年 繊細さを未来に

するとどうなるかというと。出口を失った言葉たちが頭の中でぐるぐる塒(トグロ)を巻いて溜まってしまい、必要な時にそれ以外の言葉たちまでどんどん出てきて話が長くなる、というような現象につながっている気がしている。話が長いのは、毎晩日記を書いていないせい?うん、そうかもしれない。
なのでちょっと、この言葉たちの出口を探している。便秘が一気に解放を求めているみたいで、困っちゃうなー。

2018年 かみさまと魔女

いろいろなことがある中で、やはり私は出会いに恵まれていて、一つ一つの出会いがびっくりするような分岐点につながっている。これはたった1年前のこと。素晴らしい人たちとの合流点!

たまに見返してはドキドキしてしまう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll Up